育児うつの発症原因などについて【2週間以内に発症のピーク】

サイトメニュー

カウンセリングを受ける中年女性

安心して子育てするために

近年多くなっている育児うつはいつ誰が発症してもおかしくない病気です。もし発症してしまった場合はきちんと治療を行い改善することが大切です。そのためには通院しやすい病院を選んだり、信頼出来るドクターがいる病院を選びましょう。

悩む男性

すぐに病院へ行く

育児うつに悩んでいるということであれば、すぐに病院へと行くことが大事です。早期に治療を始めるということが育児うつに関しても治療の最大ポイントとなっています。現在では、治療方法も確立されているので効果的な治療を受けることが出来ます。

女性

子供の視点に立つ

現在は、各家族による孤立化によって、育児うつにかかる人も増えています。子供に対する意識の負担は、育児うつの要因の一つです。子供は、大人と違い、本能を強く現れる傾向にあります。医療機関で心身を回復させ、アドバイスを受けるのも大切です。

ハートと聴診器

心の異変を感じたら要注意

育児うつは、産後なら誰でもなる可能性があり、症状に悩む方は年々増えています。うつの症状がある場合は、早めに治療を行うようにしましょう。そして、悩みを一人で抱え込まず、周りからも協力を得て、子育てをしていくことが大切です。

ホルモンの大変動

男性

順応がうまくない

女性はホルモンの変化により、いくつかのタイプのうつ病を発症することがあります。PMSやPMDDなど、月経前の不快感が強い人は注意が必要です。まず、代表的なのが産後うつや育児うつです。ちょっとしたことで悲しくなって、涙が出たり、気がめいることが増え、子供を世話することを放棄してしまうこともあります。産後はとくにホルモンの変動が起こりやすく、ストレスに対する抵抗力が一気に下がり、情緒不安定になりやすい状況です。その上、出産で体力を消耗し、回復しないうちから育児に追われる日々を送ります。このため、産後3日から10日めぐらいまでは、半数の人が軽いうつ状態になり、2週間以内に発症のピークを迎えます。出産の疲れと片付けずに、産後うつや育児うつも受診することが大事です。また、中年期は男性もうつ病を発症しやすいですが、女性も40代半ばになるとホルモンバランスが崩れ始めるのと同時に、子供の教育や夫の仕事関係などの大きな環境変化に心と体がうまくついていけなくなることはあります。今までの人生の選択は間違っていなかったのかと悩むようになり、気分が落ち込んだり、虚しくなったりしやすいです。加えて、働いている女性であれば、キャリアの限界を感じたり、結婚しているなら夫との性生活や浮気の疑いなどイライラしやすくなります。ここに介護問題が持ち上がり、一気に介護うつに転じることもあります。子どもの育児や教育は、母親として大きな課題です。とくに、今は育児に関する情報はあふれており、受験戦争が低年齢からスタートするエリアに住んでいると母親を悩まし、ストレス過多からさまざまなトラブルに発展します。女性は特に、生まれてから亡くなるまでの間に、環境が変わることが多いです。成人期になると、家事や育児、仕事などいろいろな環境に不安を抱えて、それが重荷になっていく人が増えてきます。子どもが生まれることは、他人から見ても喜ばしいことのはずなのに、こうした環境の変化が育児うつを発症するきっかけになることもあります。実は、環境や状況の変化が、うつ病の引き金になるケースは非常に多いです。うつ病になりやすい人というのは、環境の順応が悪く、普通なら1ヶ月から2ヶ月で順応できるものが、1年や2年もかかってしまいます。どうして、そんなに順応できないかというと、人間関係を最重要視する人が多く、変化した環境での人間関係への順応に時間がかかってしまうからです。そのため、子どもとうまくコミュニケーションが取れない、子どもに関することで家族や他人とうまくやっていけないなどの問題を抱えてしまいます。妊娠や出産に対しては労働基準でも保護されていますが、育児にかかわるさまざまな問題は、なかなか解決しにくいのが現実です。そうした中で、育児うつを発症してしまうケースも少なくありません。

人気記事

女性

子供の視点に立つ

現在は、各家族による孤立化によって、育児うつにかかる人も増えています。子供に対する意識の負担は、育児うつの要因の一つです。子供は、大人と違い、本能を強く現れる傾向にあります。医療機関で心身を回復させ、アドバイスを受けるのも大切です。

ハートと聴診器

心の異変を感じたら要注意

育児うつは、産後なら誰でもなる可能性があり、症状に悩む方は年々増えています。うつの症状がある場合は、早めに治療を行うようにしましょう。そして、悩みを一人で抱え込まず、周りからも協力を得て、子育てをしていくことが大切です。