育児うつの発症原因などについて【2週間以内に発症のピーク】

サイトメニュー

心の異変を感じたら要注意

ハートと聴診器

早期治療が大切です

現在、育児うつに悩む女性の方は、年々増加しています。最近では、二世帯住宅などを検討しない夫婦が増え、実家と離れて暮らす方が増えています。そのため、核家族化も進んでおり、昔に比べ、子育てに協力してくれる人が近くにいないのが現状です。特に、専業主婦の方は、旦那さんから子育ての協力を得られない場合、一人だけで子育てをしていくことになり、うつの症状に悩みやすいといわれています。しかし、専業主婦の方で、旦那さんから子育ての協力を得られていない場合でも、うつに悩まない方もいます。うつに悩まない方の特徴として、楽観的や、社交的なタイプの方が多いです。また、友人と協力して子育てをしていたり、子育てのアドバイスをしてくれる人が近くにいる場合も、うつになりにくい傾向があります。うつになりやすい方の特徴として、責任感が強く、真面目で大人しいタイプの方が多いです。産後は、自律神経やホルモンバランスが乱れやすいため、心と体が不安定な状態です。そのような状態で、一人で育児の悩みを抱え込む場合、強い孤独を感じてしまいます。また、自分の気持ちが落ち込んでも、うつの症状だと気づかず、状態を悪化させてしまう場合もあります。育児をしていて、自分の心の異変に気づいた場合は、育児うつの可能性も考えてみましょう。育児うつの可能性がある場合は、精神科や心療内科などの適切な医療機関を受診し、医師に早めに診察してもらうことが大切です。うつの症状は、放っておけば治るものではありません。育児うつは、適切な治療を行えば完治することができます。早めに症状を改善し、健康な心を取り戻しましょう。育児うつの治療では、必ず薬を服用するとは限りません。まずは、医師が丁寧なカウンセリングを行い、症状を正確に把握します。その後、症状が深刻な状態でない場合は、薬以外の治療法を提案する場合もあります。また、うつに関する治療に関しては、様々な選択肢があります。そのため、薬を服用することに抵抗があったり、副作用などが心配な場合は、カウンセリングの際に、医師に相談してみることをお勧めします。また、症状の程度に関わらず、治療と同時進行で、現在の育児に関する環境を改善する必要があります。うつの症状が改善しても、育児の環境が変わらない場合、うつが再発する可能性があります。そのため、育児に関する悩みを家族に打ち明け、環境の改善に協力してもらうことが大切です。また、育児サポートセンターなどの利用も検討しましょう。育児うつが改善した場合、自分を責めることがなくなり、家族や子供と正しく向き合えるようになります。完璧な母親を目指さず、周りの協力を得ながら子育てをしていくことが大切です。