育児うつの発症原因などについて【2週間以内に発症のピーク】

サイトメニュー

安心して子育てするために

カウンセリングを受ける中年女性

早期に気付くことが大切

子供育てるはことは簡単なことではありません。はじめての出産など不安が多い中での子育ては時に育児うつを発症してしまう可能性もあるでしょう。また、はじめての子育てではなくてもやはり子育ては難しい部分があり、ストレスが掛ってしまう場合も多くあります。そんな育児の中であまりにも心と体に負担が掛りすぎてしまうと育児うつになってしまう場合もあるでしょう。何をしても無気力な状態になってしまったりぼーっとする時間が長くなってしまったなど、いつもと違うと感じたらそれはうつ病を発症している可能性があります。その様な状態が続いてしまうと精神的にも不安定な状態が続いてしまい、育児だけでなく、日常生活にさえ支障が出てくる場合もあるでしょう。そのため、出来るだけ早くその症状に気付き、病院で治療を開始することが大切です。精神科や心療内科での治療になりますが、初診で5000円から6000円程度、再診で3000円程度掛ってしまいます。また、もし入院しての治療になると1日あたり1万5千円程度掛ってしまう場合もあるでしょう。これは個室なのかによっても変ってくる値段ですが、決して安い金額ではないことが分かるのではないでしょうか。しかし、助成制度などもあるため、それらを上手に利用することをおすすめします。では実際に育児うつで病院を利用する場合、どの様に病院を選んでいけば良いのでしょうか。精神科や心療内科といっても現在たくさんの病院があります。その中から一つを選ぶのは難しく感じるのではないでしょうか。育児うつを発症してしまい治療を行う場合、治療期間が長くなってしまう場合も多くあります。この病気は再発する場合もあるため、しっかり治療を行うことが大切です。そのため、通院期間が長くなることを想定し、出来るだけ自宅から通いやすいところを選ぶことをおすすめします。体調が優れない中、通院するだけで疲れてしまう距離にある場合、通院することさえ嫌になってしまいやめてしまう人も中にはいます。それではせっかくの治療が無駄になってしまうので、きちんと通える距離にある病院の選ぶ様にしましょう。また、ドクターとの相性もとても重要です。治療に不安やストレスを感じることなく前向きになるためには信頼出来るドクターとの出会いが大切になってきます。カウンセリングなど受けた際にしっかりこちらの意見に耳を傾けてくれるかなどこのドクターと一緒に頑張りたいと思える様な人を見つけることが大切です。不安がある中での子育ては精神的にも体にも負担が掛ってしまうため、しっかり治療を行い改善することが大切でしょう。