育児うつの発症原因などについて【2週間以内に発症のピーク】

サイトメニュー

子供の視点に立つ

女性

子供と大人の違い

現在、育児うつにかかる方が、昔に比べると増えている傾向にあります。従来は、祖父母と一緒に暮らす傾向も高く、育児に対してサポートしてくれた時代もあったでしょう。各家族による孤独化は、より子供に対して意識を高めなければならず、その負担が育児うつの要因ともなっているのです。現在は、ある程度、思った通りに叶う時代です。例えば、見たい映像は直ぐに動画で確認できる場合もあり、鉄道に至っては、当たり前の様に時間通り来る場合もあるでしょう。ある程度は期待通りに、物事がうまく運ぶはずです。ただし、子供の育児は、自身が考えている予想外の内容も頻繁に起こるでしょう。特に夜泣き等は、近所に迷惑をかけたくない考えもあり、ストレスを高まりやすくもなるはずです。現在人は、予想外の内容に慣れておらず、経験不足から潜在的に育児うつにかかる可能性も高くあります。まずは、大前提として、自身も幼い時代があり、様々な人に対して困らせていた可能性について自覚するのも大切です。この自覚は、子供への不満を、子供にぶつけない様にする心構えです。自分とは違った心の持ち主であり、自分のイメージ通りに上手くいかないのは、当たり前として当然の話でしょう。特に、うつ状態は、視野が狭くなりがちであり、心身が苦しいと感じれば、心身の回復を求めて医療機関に足を運ぶのも重要です。子供と大人の違いには、主に2つの違いが挙げられます。1つは、幼き魂は、命を守る本能も強く、些細な内容でも不安を抱えやすい場合もあるのです。赤ちゃんの夜泣きや、作業に邪魔になる様な行動は、意識をして守って欲しい気持ちの現れです。育児うつにかかっている人であろうとも、自分の内面を理解してくれる人が現れれば、少しは心の負担が軽減され、安心感を覚える場合もあるでしょう。子供も同じく、自分の不安や存在感を知ってほしい気持ちもあるのです。もう一つの違いは、子供は大人よりも、知的欲求が強い傾向もあります。様々な経験をしたい欲求の中には、大人を困らせる様な行動も引き起こす場合もあるのです。大人は理性を持って、行ってはならない内容に抑制力を持てるでしょう。子供は、理性が作り出すイメージが持てないため、罪悪感が無い中で、悪い行動に走ってしまう場合もあります。この場合は、子供に注意をするのでは無く、子供にイメージを持ってもらうのもポイントでしょう。例えば、警察に捕まり、親と子供が一生会えなくなると言えば、子供に抑制力を持ってもらえるかもしれません。育児うつになりやすい傾向の中には、幼少時代、親から愛情を受けていなかった場合もよくあります。そのため、良い意味での、子供との接し方が分からない場合もあるのです。医療機関に足を運べば、心身を回復できるのみならず、先生方から、育児に対してのアドバイスも受けられる様になるでしょう。